*

山手西洋館♡ブラフ18番館 花と器のハーモニー2015

2015年、花と器のハーモニー♡ブラフ18番館のテーマは…

花と花器と水のハーモニーです。

15回目を迎える花と器のハーモニーの今年の企画は、世界7か国のフラワーアーティストがそれぞれの西洋館(7館)を装飾。

東京オリンピックを視野に入れて、7か国のアーティストの競演です。

ブラフ18番館を装飾するのは、フランスのエルベ・シャトランさん!

たくさんの花と花器、そして水の中に浮いた花の演出が素敵です。

写真と合わせて館内の様子をご案内します♪

1階 ダイニングルーム

白・水色・グリーンの花や器でまとまり、お洒落で清潔感のあるコーディネートでした。

ブラフ18番館のダイニングルームは、白い壁にクリームがかった緑のドアと窓枠が爽やかで素敵なお部屋です♪

花と器のハーモニー 251

直線的なカラーは円柱のガラスにまっすぐ活けてあり、それを囲むように挿してある胡蝶蘭は、蝶々の様に見えました♪

花と器のハーモニー 244

Gien(ジアン)

ブラフ18番館のダイニングルームで使用されている食器は、Gien(ジアン)のものです。

Gien(ジアン)はフランスのブランドで、1821年に設立されて以来使いやすさや豊富なデザインが人気で親しまれています。

全ての陶器はフランスのロワール川のほとりにある、小さな町で作られているんだそうです♪

ダイニングルームで使用されているのは、細かい葉の模様のSonge(ソンジェ)とオフホワイトのロカイユです。

花と器のハーモニー 256
ロココ調のオフホワイトの(ロカイユ)、天使の羽の様なデザインが特徴的です。

ティーカップとクリーマー&シュガーポットは上品でとっても素敵!

花と器のハーモニー 262 花と器のハーモニー 258

Gien(ジアン)ロカイユ

ティーカップセット・シュガーポット・ディナープレート・デザートプレート

  

ダイニングルームの飾り

白と黄緑の胡蝶蘭…お部屋にぴったりの装飾でした。

細長い一輪挿しにちょこんと乗せる様に胡蝶蘭が挿してありました。

あれあれっ!円柱のガラスの花器の胡蝶蘭が浮いている様に見えませんか?

花と器のハーモニー 249

実は、内側にも一輪挿しがある2重構造の花器なんです。

円柱の花瓶をアップで撮りました。

内側の一輪挿しには、胡蝶蘭が…そして外側には、紫陽花が浮かべてあるんです♪

花と器のハーモニー 255

ティールーム

サンルームへ続くティールームは、赤毛のアンのグリーンゲーブルスに似ている感じで大好きな空間です!

窓から見える緑も最高です!

花と器のハーモニー 265

卓上の花

真っ白の紫陽花と薔薇がブーケ風にアレンジされています。

紫陽花はボリュームがあるのでブーケ風のアレンジには最適ですね♪

ずんぐり丸みのある花瓶の水面には、花びら&リボンを浮かばせる演出!

 

Gien(ジアン)のティーポットセット

花の周りを飛ぶように 蝶や鳥が描かれています。

ジアンのPIVOINESの140周年を記念して、楽園をイメージして描かれた新作です!

アイテムごとにデザインが様々な表情を持つ素敵なシリーズです♪

花と器のハーモニー 266 花と器のハーモニー 275

Gien(ジアン)パッション

ティーカップセット・デザートプレート・ディナープレート

  

アップライトピアノの装飾

丸い形の花瓶が横に6個連結している花瓶には、

お部屋に飾られている花材が横一列に並んでいます。

花瓶は透き通ったピンク色に見えますよね!水を着色しているのだと思います。

花と器のハーモニー 274

暖炉の装飾

こちらは、4連結の花瓶です。

一輪ずつではなく、2~3種類の花が挿してありました。

 

サンルームの装飾

窓の面積が大きくて、優しい緑のドア枠のサンルームは、

屋外に居る様な気分になれる素敵なお部屋です。

薔薇の花は部屋にぴったり!

花と器のハーモニー 280応接室の装飾

レトロ感たっぷりの応接室には、同系色のお花が飾られています。

ダイニングルームと同じ花材が使われていましたが、

部屋の雰囲気で印象が変わり、応接室ではクラッシックな高級感がありました。

花と器のハーモニー 296 花器の高さの2倍に花を活けると格好がつくと教えてもらった記憶がありまますが、最近は乗せる様にするのが流行りなのでしょうか?

廊下の装飾

円柱の大きい花器に背の高い枝物が活けられていました。

グリーンカーテンの様で素敵です。

花と器のハーモニー 293

廊下の装飾その2

糸に吊るされた花のカーテン♪

贅沢なカーテンですね!入り口を入るとすぐに目に飛び込んでくる素敵な演出でした。

階段の装飾

一階から2階までステップが楽しくなる装飾です。

足元には紫と黄緑の花瓶に、それぞれ色違いの紫陽花が挿してありました。

そして木の間を這うようにからませているサンキライは、暗い階段を明るくしてくれていました。

花と器のハーモニー 298

2階の部屋

一階で使われていた花器が2階では、爽やかな黄緑色をしています。

花と器のハーモニー 303

暖炉の上の装飾

真っ白の紫陽花とサンキライ

ボリュームがある白の紫陽花は、一輪でもブーケの様でとても素敵ですね!

花と器のハーモニー 309

2階 寝室の装飾

爽やかな感じの寝室の窓に何かぶら下がっています!

てるてる坊主?

花と器のハーモニー 315てるてる坊主ではなくて、ぶら下がっている一輪挿しでした。

カーテンレールからリボンで一輪挿しをぶら下げてあります♪

花と器のハーモニー 314

2階廊下の装飾

家の中ですが…外にいる様な空間が素敵です。

花と器のハーモニー 301

ブラフ18番館の装飾はエルベ シャトランさんでした。

フランスで活躍されているフラワーアーティストで、コンセプトは『花と花器と水のハーモニー』です。

パリにお店を持つ他、日本にも渋谷にお店をオープンさせ、きらきらと輝く宝石箱の様な空間作りを目指しているのだそうです。

エルベシャトラン(お店のホームページ)http://herve-chatelain.jp/

tokyo07

2015年花と器のハーモニー♡ブラフ18番館のテーマは、エルベシャトランさんのコンセプトと同じで、『花と花器と水のハーモニー』でした。

常にそれを意識されているアーティストの装飾は、色んな花器が使われていて興味深いものが多かったです。

花に合わせた花器選びは、より花を素敵に魅せることができるのだと思いました。

水に花を浮かばせる演出も素敵で真似させて頂こうと思います。

お店にも是非行ってみたいなと思いました♪

  

 

 

関連記事

山手西洋館♡イギリス館 花と器のハーモニー

花と器のハーモニー2014年 イギリス館 今年の花と器のハーモニーのテーマは・・・ 『横濱山手の

記事を読む

山手西洋館♡イギリス館のハロウィン装飾2014『ウィン ウィン ハロウィン2014』

イギリス館のハロウィン装飾2014は・・・ Witch(魔女)の家へ招待されたような・・・

記事を読む

山手西洋館♡234番館のハロウィン装飾2014『月下の夜会』

234番館のハロウィン装飾は・・・ 子供が寝静まった後に、大人が楽しむハロウィンパーティーのよ

記事を読む

山手西洋館♡ベーリックホール 花と器のハーモニー2015

2015年、花と器のハーモニー♡ベーリックホールのテーマは・・・ 緑に秘められた花たちです。1

記事を読む

山手西洋館♡エリスマン邸のハロウィン装飾2014『大人色のハロウィンパーティー』

エリスマン邸のハロウィン装飾は・・・ 色んな事を想像しながら楽しめる演出がいっぱいで、とても素

記事を読む

山手西洋館♡イギリス館 花と器のハーモニー2015

2015年、花と器のハーモニー♡イギリス館のテーマは… MITEINANDER~一緒に/TOG

記事を読む

山手西洋館♡山手111番館 花と器のハーモニー2015

2015年、花と器のハーモニー♡山手111番館のテーマは・・・ 伝統、そして今 です。15回目

記事を読む

山手西洋館♡外交官の家 花と器のハーモニー2015

  2015年、花と器のハーモニー♡外交官の家のテーマは・・・ 『YOUR L

記事を読む

山手西洋館♡山手111番館 花と器のハーモニー

花と器のハーモニー2014 山手111番館 イギリス館に続いて山手111番館を訪れました。

記事を読む

山手西洋館♡外交官の家『花と器のハーモニー』

花と器のハーモニー2014 外交官の家 ベーリックホールに続いて、外交官の家を訪れました。

記事を読む

5歳で帰国【英語保持】やってて良かったスカイプ英会話!①

主人のアメリカ赴任に伴い生後4か月目でロサンゼルスに行った息子!

ネスレのチョコレート【SWISS】Chocolat Brutお土産に最適!

ネスレのお菓子が大好きな娘のお気に入り! Swiss★Choco

ネスレ【BOOST】ブースト★腸が活発になります!お腹すっきり!

BOOST ブースト【毎日腸活】試してみました! ★排便回数と便

Skypeスカイプ英会話【帰国子女】無料レッスン体験記!

帰国子女の子供達の英語保持を考えて続けているSkype英会話! レア

フードペン【Wiltonフードライター】エクストラ!

アメリカの製菓道具専門店【ウィルトン・Wilton】が販売しているフー

→もっと見る

PAGE TOP ↑